気になるみんなの予算

みんなは株にいくら使っている?・・・気になるけどなかなか聞けません。でもこれはすごくいい質問なんです。「株をやっている」というと「まとまったお金のある人」というイメージがなぜかいまだにあるようで、「株にかかるお金」について誤解している方が多いからです。

1,000円でもできる株式投資

結論から言いますと、株式投資は「1,000円」でもできます。しかも、ちゃんと正規の本格的な取引です。それが1,000円でもできるんだ、と安心していただいたところで株の購入価格などについて基礎の基礎を学んでおきましょう。

A社の株式の、ある時の株価が「1株3,000円」でした。でも3,000円を払ってA社株をすぐに買えるとは限りません。株には「単元」と言って「購入できる株数の最小単位」がそれぞれ決められているので、例えばA社が「1単元=100株」だったらA社株を購入できるのは「最低100株から」。つまり3,000円×100株=300,000円が必要となるのです。

高い株と安い株、どっちがいい?

1株の価格も100円ほどから1万円を超えるようなものまであり、さらにこの「単元」も株式銘柄によっていろいろです。仮にB社株が「1株100円・1単元は10株」だったら「B社株は1,000円から購入できる」ことになりますし、C社株が「1株120万円・1単元は1株」だったら、1株から購入できるとはいえ、必要なお金は120万円ということになります。

ただし、誰でも安く買えるB社株がC社株に比べて劣るのかというと、まったくそんなことはありません。安く買えても有望な株、買う時は高かったのに伸び悩む株など、株価単元数、つまり「株の購入価格」と「将来上がるかどうか」は関係ありません。ですからあなたの予算に応じて自由に株を選べばいいのです。

「ばら売り」される株とは

また、本来は100株、1,000株と言った単元でしか買うことのできない株が「ばら売り」されることもあります。これを「単元未満株」と呼び、1単元100株の銘柄を10株から買うことができたり、1株からでも買うことができたりします。そうすると本来ならとても手が届かないような株が予算内で買えますし、目をつけた複数社の株をすべて買うことだって可能なのです。

さらに上級者向けには「信用取引」という取引方法もあります。こちらは証券会社から株の購入資金を借りたり、あるいは株そのものを借りたりして、自己資金の約3倍の取引ができるというもの。このやり方だと「売ってから買い戻す」ということも可能なので、相場が下がっている時でも利益をあげることができるのです。

大金が必要そうだ・融通が利きにくそうだ、という誤解がいまだにある株取引ですが、実はごく少額から始めることができて、しかもこんなに自由度が高いのです。

株式の時価総額 株式保有者※個人投資家の証券投資に関する意識調査について - 日本証券業協会調べ

本文で使用された株用語

はじめてコラム

株に興味はあるけど、なんだか難しそうとあきらめていませんか?初心者必見です!

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定