みんなどこで取引してる?

みんなは株をどこで取引しているのでしょう?答えから言ってしまうと、多くの方は株取引を「自宅」で行っていると言っていいでしょう。

ひとむかし前までのイメージだと「証券取引所で、人と人が独特のジェスチャーをしながら慌ただしくやりとりしている」という感じでしたが、最近はニュースでもああいう場面を見ることがなくなりました。

そのかわりによく目にするのはたくさんの株価の電光掲示が環状にぐるぐる回っているシーンや、証券会社らしき店舗のにならぶ株価表示を眺めるベテラン男性の姿。どちらにしても「株式を売り買いしている」感じは全くありません。

インターネットが変えた株取引

実際に株式の売買が行われているのは今も昔も「証券取引所」ですが、ここでも株の証書やお金が飛び交っているわけではありません。全ては「電子取引」です。

そして証券会社を通じて誰もがその取引に参加できるようになっています。インターネット環境さえあれば誰でも自宅のパソコンの前で最新の経済ニュースや株価情報を見ることができますし、株式の売買注文も自宅のパソコンから直接できるのです。

さらに携帯電話やスマホからも同じように自分専用の取引画面へつなぐことができ、最新情報の閲覧から売買の注文まですべてできます。つまり、現在の株取引は場所をいっさい選びません。

場所それぞれのメリット

自宅でできるということは時間節約のメリットも大きいですが、「自分の落ち着ける場所で取引できる」という点が非常に重要な意味を持ちます。株取引に焦りは禁物。でも状況によっては素早い決断が必要なこともあります。そんな時、騒音の中にいたり慣れない環境にいたら正しい判断などできないでしょう。でも自宅なら大丈夫。いつもの場所で冷静に考えて、ベストな選択をしましょう。

そして携帯電話やスマホの「機動力」。本格的な注文などももちろんできますが、電車に乗っていようがラーメンを食べていようが「気になる情報をすぐチェックできる」のが心強いんです。自宅でできるメリット。外出先でもできるメリット。これを両方活かして、場所や時間の制約を感じることなく投資を楽しめるのですから、いまは個人投資家にとって快適この上ない時代です。

本文で使用された株用語

はじめてコラム

株に興味はあるけど、なんだか難しそうとあきらめていませんか?初心者必見です!

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定