小遣いで買える憧れの銘柄(単元未満株)

株式投資は少額からでもできるってご存知でしたか?お金を持っている人だけが株式取引を行うなんて時代はもう古い!今ではなんと、数千円、数百円からでも株が買えてしまいます。「株式取引をお手軽に!」が、これからのトレンドなのです。

少額で株を買う!誰でもできる株式取引

株式取引を始めようとしてどの銘柄にしようか迷っていると、ピタっと動きが鈍くなってしまうことがあります。そう、「最低購入金額」が決まっていることに気がつき、その金額に目がテンになってしまうのです。

初めて株式取引を始めたAさんの場合ですが、Aさんは株価が900円の銘柄を買おうとして驚いてしまいました。なんとその株、最低1,000株、つまり90万円からでないと買えなかったのです。いくら成長を期待できる株だからと言って90万円をポーンと出せるほど資金に余裕がありません。Aさんは、どうしたものかと困ってしまいました。

単元と最低購入価格

株価は1株の価格を表しています。しかし株は必ずしも1株から買えるとは限りません。株には売買する単位があって、それが10株単位の場合もあれば、100株単位、1,000株単位の株もあります。この単位を「単元」と呼びます。

でもAさんが買えた理由

Aさんは1株900円の株を買おうとしましたが、1単元が1,000株だったため最低購入金額が90万円。90万円をポーンと出せないAさんでしたが、実はしっかりこの会社の株を買いました。なんとAさんは9,000円で株式取引を始めたのです。実は、少額でも株式取引ができる「単元未満株」を購入したのです。

おこづかいの範囲で買える「単元未満株」

単元未満株」とは、名前の通り、売買の最低単位である「単元」よりも少ない株のことを言います。もちろん1単元未満の株は、普通に買おうとしても買えません。では、なぜ買えるのかと言いますと、証券会社が代わりに買ってくれるからです。その株を証券会社がバラ売りしてくれるわけです。

この「単元未満株」とは証券会社が提供する金融商品の総称。証券会社や銘柄によって「単元の1/10から」とか「1株から」などは異なりますが、売却益はしっかり受け取れますし、配当金ももらえます。株主優待も、分けられるものは分けてくれます。おこづかい程度の金額でも株主の利益はしっかり受け取れるのです。

また少額で購入できるため、この単元未満株を「複数銘柄保有する」こともできます。もしかしたら、本来なら手の届かない憧れの銘柄を「ぜんぶ買う」なんてこともできてしまうかも知れません。しかも、資金を複数銘柄に分散するということは、「リスクの分散」にもなるのです。

株取引でこんなことができるなんて意外ですよね?まず株取引に慣れたいという方、少額資金でも本格的に始めたいという方にはぜひおすすめです。

本文で使用された株用語

脱初心者!みるみるわかる必読ノート

基本的な疑問が解決したら、もう少し実践に近いところをチェック。

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定