株価の流れ(チャート)を捉えよう

さっそくチャートを見てみよう

株の検索ページで銘柄を選ぶと、その情報の中に「チャート」と呼ばれるグラフがあります。そこには「ローソク足(ローソクあし)」が示されています。

ローソク足でわかること

ローソク足の見方

例えばそのローソク足が1日の値動きを表す「日足(ひあし)」だった場合は、ローソクの長さはその日の始値終値を表し、上下についている「ヒゲ」はその日の高値安値を表しています。

一般的に白または明色で表されているローソクを「陽線(ようせん)」と呼び、ローソクの下のヒゲの最下部が「安値」、ローソクの辺が「始値」。ローソクのてっぺんが「終値」、ヒゲの先が「高値」となっています。つまりこの日は「株価が上がった」ことを示します。

黒や暗色で塗りつぶされているローソク「陰線(いんせん)」はすべて陽線の逆。その日は株価が下がったことを表しています。

実体が長い陽線は、株価が勢いよく上昇したことを表しています。この陽線が何日も並び立っている場合は相場に勢いがあり、株価がグングン上昇したことが分かります。

また、実体が短い陽線の場合は、それほど上昇の力は強くないことが分かります。陰線の場合は全く逆で実体が長ければ下落方向に大きく動いたことが分かりますし、短い場合は下落の勢いは弱いことが分かります。

基本的に上げ相場のときは陽線が並び立ち、下げ相場のときは陰線が並びます。このように、ローソク足はひと目で上げ相場なのか下げ相場なのかが分かるのです。

トレンドに乗ろう

ある期間を単位として見た場合、陽線ばかりが並んで株価上場している場合はもちろん、時には陰線が混じるものの「全体的には株価が上がっている」ことがあります。また、その逆の場合もあります。これを「トレンド」と言います。

繰り返しになりますが、トレンドとは、株価が、ある程度上下に動きながらも全体としては一定方向に向かうことです。

  • 株価が上下動しながらも上がっていく「上昇トレンド」
  • 株価が上下動しながらも下がっていく「下降トレンド」
  • 株価が一定の範囲内で上下動を繰り返す「レンジ相場」

どの銘柄でも、この3つの動きを繰り返しているのです。

トレンド

株で利益を出す基本は「安く買って高く売る」です。ということは、「これから上がりそうだというタイミング」で買えばいいという事です。

「上昇トレンド」の時は 、多少の上下はありながらも結果として株価は上昇する方向にあります。ですからこのトレンドがその先続くようなら、言ってみれば「どこで買っても儲かりやすい」 ということになります。

「下降トレンド」の時は、上昇トレンドの時とまったく反対の理由で、(経験の浅い人の場合は特に)「買ってはいけない」という認識でいいでしょう。ここはきっぱりと見送りましょう。

レンジ相場」の時はどうでしょうか。一見チャンスのなさそうなこの状態の中でも、ある程度幅が広く、しっかりと上下動が続く時があります。この傾向が続くようならば、その 「しっかりとした上下幅」の「下」の時は買いのチャンスになります。

これらが「これから上がりそうだというタイミング」であり、このタイミングで買うのが株取引の基本です。

しかし、「よし、今は上昇トレンドの真っ只中にいるな」とか「ほう、レンジ相場に入ってきたぞ」などのように、自分が取引しようとしてる銘柄が今、どの流れの中にいるかをハッキリ自覚できるかというと、それはなかなか難しいものです。

そう、株価は、たとえある時は上昇し続けていても、いつ停滞してしまうか、はたまた一転して下落の方向へ向かうか、それは誰にもわかりません。

「じゃあ、片時も目が離せないじゃないか」

いえいえ、そうではありません。いつどうなるか誰にも分からないからこそ、全部を追う事はせず「自分にできる範囲の中で楽しめばいいんだ」と割り切ってよいのです。その中でトレンドを見つけたら、それは「あなたのためのチャンス」です。

本文で使用された株用語

脱初心者!みるみるわかる必読ノート

基本的な疑問が解決したら、もう少し実践に近いところをチェック。

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定