ローソク足と板情報

ローソク足でわかること

株の銘柄を選ぶと、その情報の中に「チャート」と呼ばれるグラフがあります。そこには、株価の推移が細長い棒で表されており、白や黒、または赤や青などの明色、暗色の棒が交互に、または連続して並んでいます。この棒を「ローソク足(ローソクあし)」と呼び、ある期間の株価の動きをひとつの棒で表しています。

ある期間とは、1日だったり、1週間だったりしますが、1本のローソク足が1日の値動きを表したものを「日足(ひあし)」、1週間の動きを表したものならば「週足(しゅうあし)」と呼んでいます。

例えば、1日の値動きを表す場合は、その日の始値終値を結んで長方形を描きます。これを実体といいます。そして、この実体から高値安値を線で結びます。これをヒゲと呼んでいます。

ローソク足の見方

上がったか下がったか。高い時・安い時はいくらか

始値が下で終値が上にあるローソク足を「陽線(ようせん)」と呼び、一般に白または明色で表します。その逆を「陰線(いんせん)」と呼び、黒または暗色で表します。

陽線株価が上昇したことを表し、陰線は下落したことを表しています。このように1本のローソク足には多くの情報が詰まっているため、このローソク足を見ることにより多くのことが読み取れます。

例えば、実体が長い陽線株価が勢いよく上昇したことを表しています。この陽線が並び立っている場合は相場に勢いがあり、株価がグングン上昇したことが分かります。

また、実体が短い陽線の場合は、それほど上昇の力は強くないことが分かります。陰線の場合は全く逆で実体が長ければ下落方向に大きく動いたことが分かりますし、短い場合は下落の勢いは弱いことが分かります。基本的に上げ相場のときは陽線が並び立ち、下げ相場のときは陰線が並びます。

このように、ローソク足からは多くの情報が読み取れます。ひと目で上げ相場なのか下げ相場なのかが分かるのです。

未来も見える?!板情報

実際に銘柄を売り買いする時に欠かせないのが情報です。これは「気配値(けはいち)」とも呼ばれ、ある銘柄

  • 「いくらで売りたいという注文の出ている株が何株あるか」
  • 「いくらで買いたいという注文の出ている株が何株あるか」

を一目でわかるよう表にしたものです。証券会社のホームページにログインして銘柄を選ぶと、その時点の気配値が表示されます。

例えば、図のような気配値があった場合、どの値段で買うことができるのでしょうか。

板情報の見方

なるべく安く買いたいからと言って443円で注文を出してもすぐには確定しません。それよりも高い値段で買いたいという注文がまだたくさん待っているからです。

では、446円で買い注文を出したらどうでしょう。ここには売りたい株が3,000株ありますので、すぐに注文が成立します。そして注文が成立した瞬間、情報も動きます。446円の左横の数字「3000」は(この銘柄の売買は1,000株単位で取引されるので)即座に「2000」へと表示が変わります。

気配値は、指値注文の目安とするとともに、株価がこれからどのように動くかを予想するのに利用することもできます。先ほどはこの銘柄を446円で買いました。しかしそれより低い値段ですでに多くの買い注文が入っているので、446円以上で買いの注文を入れる人が増え、株価は上がって行くのではないか、という読み方ができるのです。

買いたい人が多ければ株価は上がり、売りたい人が多ければ株価は下がります。ですから、気配値を見ればその銘柄が上がるのか下がるのかのおおよその見当をつけることができます。株取引は、「この値段で売りたい・買いたい」と待っているだけでは成り立たず、ちょうど良い値段の頃合いを見つけることが大切ですから、情報はそのために無くてはならない道具です。

本文で使用された株用語

脱初心者!みるみるわかる必読ノート

基本的な疑問が解決したら、もう少し実践に近いところをチェック。

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定