自分のスタイルを見つける

株取引で利益を得る基本は「安い時に買って高い時に売る」こと。繰り返しやってくる「上下動」を上手く捕まえれば、利益は出せるということです。流れを大きくとらえるか、それとも細かくとらえるか、その中のどこをチャンスと見るかはあなたの自由です。だからこそ、人によってそれぞれの投資スタイルというものがあるのです。

デイトレードとスイングトレード

株取引のスタイルのオーソドックスなものとして、デイトレードとスイングトレードがあります。買い注文から売り決済までを1日で終わらせてしまう取引スタイルをデイトレード、買い注文から売り決済までを数日から数週間、あるいは数ヶ月程度で終わらせる取引スタイルをスイングトレードと言います。

デイトレードは1回の取引で大きな利益を狙わずに小さな利益を何度も積み重ねるやり方です。昼間の時間帯にトレードすることになるので、必然的に日中時間が取れる方しかできないスタイルという事になりますね。

一方のスイングトレードは、大きな流れを見ながら、買いから売り決済まで数日から数週間、あるいは1ヶ月程度かけて行います。昼間に時間の取れないサラリーマンなどは、このスイングトレードの取引スタイルを取る人が多いようです。仕事を終えて帰宅後、チャートをチェックし、業界全体の株価の動きなどにも注目しながら、大きな流れの中で株価を予想し、ここだ!と思ったところで取引をする、という感じですね。

デイトレード・スイングトレード

十人十色、あなたの色はあなたが作る

デイトレードとスイングトレード。二つのスタイルを紹介しましたが、投資のスタイルはもちろんこれだけではありません。そして「どのスタイルがもうかる」などという決まり事もありません。

大事なのは自分に合ったスタイルを選択する事です。そしてそれは「自分にできるスタイル、長く続けられるスタイルでなけらばならない」という事です。株価の劇的な変化で一瞬にして大金持ちなんていうのは夢のまた夢。利益を堅実にコツコツ重ねていくのが株取引の基本であり王道です。

「投資活動にあなたを合わせる」のではありません。家族構成、仕事、のんき、せっかち、几帳面、怠けもの・・・あなたの普段どおりの過ごし方や性格に、投資スタイルを合わせればよいのです。投資スタイルは無数です。

そして「自分なりの投資スタイル」を見つけようと急ぐ必要は全くありません。じっくりと経験を積んでいく中で、知らず知らずのうちに身についていくものなのです。

  • どんな企業に投資するか
  • どれぐらいの期間を見て投資するか
  • 投資活動はいつするか
  • 予算はどうするか
  • 目標はどうするか

などなど、実現可能な「自分なりのルール」を明確に作っておくのも大切です。ハッキリと紙に書いてみて、目につくところに貼っておくのもいいかもしれませんね。

何より、良い時も悪い時も「区切り」が肝心です。時間の区切り、お金の区切り。仕事中も気にしてしまう、家族と過ごす時間を削ってまで取引してしまう、あらかじめ決めた予算を無視してしまう。これではあなたの生活自体が危うくなります。何事にも当てはまることですが、株取引も長く楽しく続けるには「ほどほど」が大切です。

本文で使用された株用語

脱初心者!みるみるわかる必読ノート

基本的な疑問が解決したら、もう少し実践に近いところをチェック。

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定