「NISA」がすごい

NISA(ニーサ)とは?

株式投資信託などによって得た配当金譲渡益に対する税金は、2013年12月までは軽減税率が適用されており、10%となっています。そして2014年1月からは本来の税率である20%に変更されます。(※)

しかし、2014年1月からは「ある一定の投資金額によって得た配当金譲渡益」に対して「一定期間税金が優遇される」制度が始まります。

これを日本版ISA(少額投資非課税制度、通称:NISA(ニーサ))と呼びます。上手に使えば、わたしたち個人投資家投資スタイルが大きく変わる、お得で画期的な制度です。

NISA(ニーサ)とは

※2013年1月1日から2037年12月31日までは「復興特別所得税」の対象となるため、2013年は10.147%、2014年以降は20.315%の税率となります。

対象となるのは「上場株式」と「公募株式投資信託」

NISAが適用されるのは「上場株式」と「公募株式投資信託」・・・と、ひと口に言っても金融機関によって取り扱っている商品はさまざまです。

期間ごとの投資金額に上限が設けられていること、優遇措置も一定の期間に限られるということを考えると、チャンスをムダにはできません。ですから「NISAの対象となる金融商品をどれだけ扱っているか」。これが証券口座選びの重要なポイントとなってきます。

NISAとは、具体的にはどういうこと?

NISAとは、「2014年1月からの10年間、1年につき100万円を上限とした投資金額によって得た配当譲渡益が5年間は非課税になる」という制度です。数字が多くてややこしいので整理しますと

実施期間 2014年1月から2023年12月までの10年間
投資金額 1年につき100万円までの投資金額。累計500万円
優遇税制 上記の投資によって得た「配当金」や「譲渡益」等は5年間まで「非課税」

というものです。2014年に90万円の上場株式を買って、毎年10万円×5年間で10万円の配当金を受け取っても税金は「非課税」。5年後に株価が2倍の180万円になっていたので売却し、80万円の譲渡益を得ても「非課税」ということなんです。

しかも、実施期間は10年間!資金の限られたわたしたち個人投資家でも、じっくりチャンスを待って投資を長く楽しめる画期的な制度なのです。

NISAをどう活用する?そのお得さとかしこい利用法

配当金譲渡益等に対しては「5年間非課税」。ただし、もしも1年目で株価が上がったからと言って売却してしまっては、残りの4年間を使わずに「非課税枠を1回使った」ことになってしまいます。その後も4年間配当が出たかも知れないし、もっと株価が上がったかもしれないのに、です。

あわせて1年につき100万円の投資額が限度、ということを考えると「今は割安で、今後数年間にわたって成長が見込める」というような株を購入するのに向いていると言えるでしょう。

50万円で購入した株が非課税期間の5年後を迎えて95万円になっていたら、いったん売却して45万円の譲渡益が非課税という恩恵を受ける。「さらに株価上昇が見込める」としたら、まだ株価は100万円以内なのですから、「新しい非課税枠」を使って95万円で株を再び購入し、今後5年間の配当株価上昇に期待する、という楽しみ方ができるのです。

たとえば国内株式なら
ハッキリ言って「利益がいくら出ても非課税」ですので、そのチャンスを最大に活かすためには当然「値上がりが期待できる銘柄」を狙いたいですね。業績が良ければ株価の上昇だけでなく、継続的な配当も期待できますし、株主優待ももらえちゃうかも知れません。
株価が上がると早く売ってしまいたいのは山々ですが、たとえ5年未満でも売ってしまうとそこで「非課税枠を使った」ことになります。このあたりの判断は難しいところですが、国内株式でいえば景気に左右されず安定した業績を残す業種の株、いわゆる「ディフェンシブ銘柄」などは継続的な配当にも株価の安定・上昇にも期待できるのでおすすめの銘柄ですね。製薬、鉄道、食品などに注目です。
たとえば外国株式なら
ことしは日経平均株価が連日のように高値を更新するなど国内株式が好調ですが、長期で株価上昇を期待するなら外国株式、とりわけ「新興国」と呼ばれる国々の銘柄からも目が離せません。
ロシアや中国などの「BRICs」諸国やインドネシア、シンガポール、ベトナムなど東南アジアの著しい経済成長に大きな可能性を感じている方もおおぜいいるでしょう。譲渡益が非課税のNISAですから、これらの外国株式も「確定申告なし」で取引でき、面倒な手続きも不要なんですね。
贈与税の非課税枠を使えば、「家族でNISA」ができる!
NISAの口座は「ひとり1口座」しか開設できません。複数の金融機関で開設することもできませんので、非課税枠を最大限に活用するためにはご夫婦それぞれが口座を開設するのもおすすめです。さらに!NISA口座は20歳以上であれば開設できますので、成人したお子様のNISA口座を開設しておくのもいいですね。
なぜなら贈与は1年間に基礎控除額である110万円まで非課税。つまり贈与税が非課税の範囲内で「1年間に100万円まで」というNISAの非課税枠をお子様に「プレゼント」することだって可能なのです。それで「家族全体の非課税枠」も広がるのですから、いいことだらけです。

NISAはどうやって利用するの?

証券会社でこの少額投資非課税制度専用の口座(NISA口座)を開設するのですが、正式に開設できるのは2013年10月から。口座を利用できるのは2014年1月からとなっています。

長期でじっくり運用したい投資商品にぴったりのNISAですから、各証券会社がどんな商品やサービスを提供しているか、ぜひ検討しておくことをおススメします!

本文で使用された株用語

脱初心者!みるみるわかる必読ノート

基本的な疑問が解決したら、もう少し実践に近いところをチェック。

こだわり条件検索

もっと細かい条件を設定